山形麺許皆伝

究極の蕎麦は、山形にあり。

やまがたは“そば王国”です。そば粉そのものや打ったり裁ったり技もさることながら、何しろ食べ方が違う。ふつう冷たいそばは専用の蒸籠やザルに盛るけれど、やまがたでは、お盆みたいな板に盛るので「板そば」と称します。これは昔から宴会などで大人数に振る舞われた名残で、やまがたのそばは、そのはじまりからフランクなおもてなし料理なわけです。

山形のらーめん群雄割拠

やまがたの“麺”は、らーめんもあります。ご当地らーめんとして、いち早く定着した「米沢ラーメン」は、鶏ガラと魚ダシの醤油味で、ちぢれ麺が基本。 南陽市では赤湯独自の辛みそ味と醤油味のらーめんも有名。また、酒田のらーめんは鶏ガラと魚ダシの醤油味ですが、ワンタン麺やミソ味など店ごとに違った人気メニューがあります。そして新庄・最上のらーめんといえば「もつラーメン」が有名。チャーシューの代わりになんととりもつが乗っかってるという変わり種ですが、意外にあっさり味でイケてます。

組合員各店舗からのお知らせ

2019/11/07
山形-手打そば竹ふくのお知らせ

> お知らせ一覧を見る

本部および各支部からのお知らせ

2019/09/23
山形のそば・ラーメン感謝祭のお知らせ。
本部
2019/09/18
おいしさナットク5クイズキャンペーン
本部
2019/09/16
山形市農畜産物フェスティバル
山形支部

> お知らせ一覧を見る

「山形麺許皆伝」山形県麺類飲食生活衛生同業組合から

山形のそば

山形県には老舗や名店が数多く存在しています。そば処として全国的にも知られ、地元はもちろん県外のそばファンから支持を得ています。昔ながらの素朴な店構えや職人気質の主人による、伝統に培われた「打ち方」「茹で方」「つゆ」、素材へのこだわりなど、豊かで個性あふれた美味しさがあります。

山形のらーめん

テレビのグルメ番組や雑誌などで、全国的にその名が知られた山形の「冷たいラーメン」。現在のラーメンブームよりずっと前から地元で愛され続けてきました。オーソドックスなあっさり味の中華そば店をはじめ、そば処として有名な山形では、そば屋さんでもさまざまなラーメンが食べられます。

そば街道・らーめん街道

山形県内には、そば・ラーメンともに地域やグループによりさまざまな活動が積極的に行われています。味や技術に関してはもちろん、地域全体の活性化、PRに努めています。個々のお店がそれぞれの味に特徴を出しているのと同様、麺の街道や地域による味・技の特徴もぜひ体験してみて下さい。



山めん寒ざらしそば・でわかおり




組合へのアクセスMap